ブログ

辛い想い出が感謝に変わる瞬間

私の両親はすでに他界しています。
生前の父は厳しかったです。
私に対して
「男で生まれてきたらよかったのに」と言っていました。
凄く悪いことをしていないのに、理不尽に怒られることも
たびたびありました。

母は当時としては珍しく専業主婦ではありませんでした。
小学校の教師をしていました。
私が20歳のころです。母と一緒にテレビニュースを見ていました。
母親が小さい子供を殺した事件が報道されていました。
「母親が自分の子供を殺すなんて信じられない!!!」
と私が言うと母はこう言いました。
「あなたを何度殺そうとしたことか・・・」

私は愕然としました。
もうどうしていいのかわからなくなりました。

母も父も大嫌いでした、当時は。

でも、今はもの凄く嫌な思いでも感謝の気持ちに変わっています。
両親の子供で本当に良かったと心の底から思っています。

おかあさん、おとうさん、
私を生んで育ててくれてありがとう!
楽しかった!
感謝しています。

 

セッションメニューはこちらです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP