多様性の時代

令和の時代になってから
盛んに多様性の時代の大切さが
言われる様になりました。

多様性の時代とは何でしょうか?

一言で言うと、文化の違いを持った人たちが
同じ地域に国に住んでいると言うことです。

価値観が全く違いますので、
自分の価値観が全てと思い込んでしまうと
絶えず争い、最後には戦争も起きかねません。

お互いがまっさらな気持ちで
相手の話を聞いて
批判しない、そうなんだね、そうだったんだ

と相手を理解して、一人の人間として尊敬し合えたら
こんなに素晴らしいことはないと思っています!

日本に生まれて育った日本人通しでも、
世代が違うと
『今の若いものはなっとらん』
とか
『あーあ、歳とると頭は硬くてお説教ばかりで
ヤダ〜〜〜〜』

という、いわゆるジェネレーションギャップ
に苦しめられることも多いですね。

お互いに良いところを認め合って
歩み寄りたいものです。

=====================

私の知人に多様性のスペシャリストがいらっしゃいます。
2019年に
外務省総合外交政策局女性共同参画室調査員
をなさった、
株式会社ミラリー代表取締役の竹田綾夏さんです。
多様性について語っていただきました。
(彼女は企業研修を専門になさっています。
個人の依頼は受けていないところを特別に
引き受けて下さいました。)

こちらの動画はセッションを3回以上受けてくださった方に
プレゼントさせていただいていますが、
7月からは、90分セッションを受けてくださった方へ
1回でもプレゼントさせていただくことにしました。

=======================

笑顔になって周りの人たちも笑顔にして下さいね

https://lin.ee/D1zcSGs

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP